武田家印判状

2013年2月19日
指定文化財名  武田家印判状 武田家印判状
場所  山中湖村平野寿徳寺内
指定の種類  山中湖村書跡
指定年月日  昭和49年4月8日

武田信玄公が平野の地下人13人に対し、諸役免除の恩典を与え、その代りに甲駿両国を結ぶ軍道の整備を命じた時のものです。この印判状は、本村残存の古文書中の最古の文献で、旧平野村の歴史研究上極めて貴重なものです。
長く長田開蔵家に保存されていましたが、東京へ引っ越すに当たり寿徳寺に引き移し保存されています。