介護保険制度のしくみ(ぬくもりのある未来へ)

2013年4月1日

介護保険制度のしくみ

 平成12年4月1日から介護保険制度がはじまりました。この制度は、老後の最大の不安要因である介護を社会全体で支え、利用者の希望を尊重した総合的なサービスが安心して受けられる仕組みを創ろうとするものです。保険者は山中湖村です。
介護保険に加入するのは40歳以上の人です。65歳以上の人(第1号被保険者)と40歳以上65歳未満(第2号被保険者)の人が介護保険に加入します。

65歳以上の人は「第1号被保険者」です。
介護サービスを利用できるのは

k_bigarrow.gif

介護が必要であると認定された人(どんな病気やケガがもとで介護が必要となったかは問われません。)

40歳から64歳の人は「第2号被保険者」です。
介護サービスを利用できるのは

k_bigarrow.gif

老化が原因とされる病気により介護が必要であると認定された人(特定疾病以外、例えば交通事故などが原因で介護が必要となった場合は、介護保険の対象にはなりません。)

介護サービスを利用する為には、申請が必要です。
申請の際は、申請書に介護保険被保険者証を添えていきいき健康課介護保険係まで申請してください。
(第2号被保険者は、医療保険の被保険者証の写しを添えてください。)

お問い合わせ

いきいき健康課
電話:0555-62-9976