消防団活動

2013年2月27日
山中湖村地域防災計画・山中湖村国民保護計画はこちら

山中湖村消防団の沿革、組織

大正二年に私設消防組を基盤に公設の中野村(旧村名)消防組(五部百八十一名)を結成し、昭和14年に中野村警防団(五部百七十四名)に改編、その後、昭和二十二年の消防団施行令により、中野村消防団に改名、昭和四十年、村名変更により中野村消防団から山中湖村消防団となりました。また、部制を分団制に変更し、その結果、団の構成は七分団で団員総数は団長以下107名で、水槽付ポンプ自動車3台、ポンプ自動車五台、小型動力ポンプ9台、消防司令車2台を保有する消防組織となり、現在の山中湖村消防団となりました。

山中湖村消防団の活動

年間の行事として、四月の辞令交付式に始まり、非常呼集訓練、北富士演習場火入れ警備、スポニチ山中湖ロードレース大会警備、報湖祭警備、総合防災訓練・富士五湖支部防火パレード・富士五湖支部秋季連合演習への参加などがあります。

また、夏季特別警戒防犯診断、年末年始特別警戒防犯診断、十二月末から二月末まで消防詰所を拠点に夜を通して山中湖村全地域のパトロール等を行う夜警の実施、さらに、各分団ごとに、消火栓・防火水槽の点検・消防自動車・機械器具・ホースの点検、訓練礼式などを行い、いざとういときに備え、地域住民や観光客等の生命・財産を守るため日夜努力しております。

避難場所一覧はこちら

お問い合わせ

総務課
電話:0555-62-1111