非常時に必要なもの

2013年2月27日

被災地に救援物資が届くまでには3日かかるといわれています。持出品はこの3日間に必要になるものを厳選しておきましょう。

一次持出品(例)

一次持出品は大地震が発生して非難するとき、まず最初に持ち出すべきものです。

ラジオ(情報の収集)

AM、FM両方聞ける物を、予備電池も

非常食

カンパンや缶詰など火を通さなくても食べられるもの。ミネラルウォーター、缶切り、栓抜きも忘れずに

貴重品

現金(10円玉があると公衆電話の利用に便利)、預金通帳、印鑑、免許証、保険証、権利証書など

懐中電灯

できれば1人に1つ、予備電池も

救急医薬品

ばんそうこう、傷薬、包帯、胃腸薬、鎮痛剤、持病のある人は常備薬など

その他

下着や上着などの衣類、タオル、ティッシュ、雨具、軍手、ヘルメット、マッチやライター、洗面具、生理用品など

二次持出品(例)

大災害時に、組織的な救援・復旧活動が軌道に乗るまで、最低3日間は自活できるようにしておきましょう。

食料

米や簡単な調理で食べられる食品

飲料水

1人1日3杯が目安。ポリタンクなどに保存しておく。

燃料

卓上コンロや固形燃料

こんなものも必要です

赤ちゃんがいる場合

粉ミルクや哺乳瓶、離乳食、紙おむつなど

お年寄りがいる場合

予備のメガネ、入れ歯、補聴器など

スリッパや靴

避難コースはガラスの破片やがれきなどで危険です

その他

さらし、ロープ、マスクなど

お問い合わせ

総務課
電話:0555-62-1111