女性政策(山中湖いきいきプラン)☆第4次改訂版を作成しました

2013年12月2日

「男女共同参画社会の実現をめざして」共に輝こう

関連資料のダウンロードはこちら

山中湖村男女共同参画推進条例

基本理念

年齢、性別、国籍を超えた人権の尊重のもとに、一人ひとりがその人格を尊重され、個性を活かし、様々な生き方を選択できる社会づくりを進めるために、山中湖村では「山中湖村男女共同参画推進条例」において基本となる以下の考え方を基本理念として掲げています。

  1. 男女の人権尊重
  2. 家庭生活における活動と他の活動の両立
  3. 政策等立案及び決定への共同参画
  4. 国際的協調

山中湖村では就労者の多くが観光業に携わっており、特に宿泊施設等においては、女性の労働力に大きく頼る現状があるなど特有な労働環境にあります。しかし、国際リゾート地として更なる発展と活力の創出のために、従来の良き伝統文化や慣習などを軽視せず、男女が対等な立場で、それぞれの個性と能力を十分に発揮でき、共に責任を果たしていくことが重要です。

計画の性格

  • この計画は、家庭、地域、職場などあらゆる分野で連携を図りながら、男女共同参画社会を形成するための施策を推進していくものです。
  • この計画は、男女共同参画基本法の趣旨を踏まえ、「山中湖村男女共同参画推進条例」に基づいて、策定するものです。
  • 効果的に施策を推進していくために、各施策の担当課を記載するとともに、重点施策並びに一部の施策においては数値目標を設定します。

計画の期間

2013年(平成25年)11月から2018年(平成30年)10月までの5年間とします。
なお、今後の社会情勢や男女を取り巻く環境の変化、住民のニーズなどを考慮し、必要に応じて見直しを行うものとします。

山中湖村男女共同参画推進の計画書となる「山中湖いきいきプラン」の第4次改訂版が、作成されました。

 新プランには、東日本大震災以降、意識が高まっている防災・減災への体制に男女共同参画の視点を新規に盛り込んだほか、ドメスティックバイオレンス問題に加え、セクシャルハラスメントや子どもの虐待等の根絶、国際面や経済面での理解の共有や支援の充実、心身の健康に向けた対策などを、施策の方向に追加しました。

 新プランをもとに、さらなる男女共同参画社会の推進に努めていきます。

 内容については、下記をご覧ください。

第4次山中湖いきいきプラン【計画書】.pdf(2.6MBytes)

第4次山中湖いきいきプラン【概要版】.pdf(2.77MBytes)

※申請書はPDF形式で提供しています。ご利用にはアドビ社のAdobe Readerが必要です。
最新版をダウンロード(無償)
adobereader

お問い合わせ

総務課
電話:0555-62-1111