下水道について

2014年4月1日

下水道の利用の効果

公共下水道整備の工事が完了したら、一日も早くトイレの水洗化、及び雑排水等、(風呂、勝手などの排水)を接続して下水道をご利用ください。

各種申請書様式は、こちらをご覧下さい。 → http://www.vill.yamanakako.lg.jp/ordinance/reiki_honbun/e658RG00000276.html

下水道を利用すると

私たちの住む山中湖をきれいにして、自然を守ります。

トイレが水洗化されると

  • 伝染病を媒介する蚊やハエがいなくなります。
  • 便所特有の悪臭がなくなります。
  • 便槽の消毒、掃除をしなくて済みます。
  • し尿浄化槽を下水道に切替えると、浄化槽の維持管理費が不要になります。

以上のように、下水道は大変なメリットがあります。下水道が利用できる地域の皆様、早めに接続して快適な生活を送ってください。

下水道アラカルト

排水設備費はどのくらい?

家庭から排出される汚水を下水管に接続するまでの施設で、自宅の敷地内に設ける排水管、ます、ならびに接続する台所、トイレ、浴室などの排水設備を総称して排水設備といいます。
村では、村道や国道に布設する下水管や公設汚水ますまでの施工はいたしますが、敷地内の排水設備は個人で設置していただくようになります。排水設備の工事費は、住宅の広さや敷地の面積、配管の延長などによって異なりますが、おおよそ一戸当たり概算で15万円~20万円位と推定されます。

水洗トイレ改造工事費はどのくらい?

水洗便器には、たくさんの種類があります。水洗トイレの改造工事費は、その家の状態によって違いますが、標準的にはおおよそ30~60万円位が必要です。

水洗トイレの種類

和式便器、洋式便器、寒冷地用便器、ハイタンク、ロータンク、節水型、消音型など

水洗トイレ改造工事の順序

  1. 便槽内のくみ取り・洗浄、消毒
  2. 便所及び床のとりこわし
  3. 便器・給水管・排水管の取付
  4. 便槽内を土砂で埋戻し
  5. 床面復旧

下水道を正しく使用するために皆さんにお願いします

  • トイレットペーパーは水につかると、とけて排水管の中をスムーズに流れますが、ティッシュペーパーや新聞紙のような固い紙はなかなか水にとけないために、排水管につまる原因になりますので、トイレットペーパー以外は流さないでください。
  • トイレの中には常に汚物入れを置き、生理用ナプキン、脱脂綿などはそれに入れ、ゴミなどと一緒に処理してください。
  • 台所、風呂場などの汚水のはけ口から野菜くずなど固い物や布くずなどを流さないでください。
  • 油類(ガソリン、シンナー、ラード類)は、流さないで下さい。施設を損傷するだけでなく、爆発をおこす原因になります。
  • 酸類、生コンクリートなどは、施設を損傷することになりますので流さないでください。
  • 雨水は排水設備に絶対に接続しないでください。
  • 各家庭の排水設備は、使用者が維持管理をすることになっていますので、1ヶ月に一度、設備の点検をするようにしてください。

イラスト

 

お問い合わせ

生活産業課
電話:0555-62-9974