水道の冬じたく

2014年4月1日

山中湖村は、寒冷地であることから冬の水道管理は大変です。気温がマイナス4℃以下になりますと、防寒の不完全な水道は凍ったり、水道管が破れつしたりします。とくに多いのはつぎのようなところです。早めに冬じたくをしましょう。
(特に夜の冷えこみに注意してください。)

  1. 水道管がむき出しになっているところ
  2. 水道管が北向きにあるところ
  3. 風あたりの強いところにある水道管

水道が故障したら

不凍せんをしめて必ず水を止めてください。そして、破れつした部分に布かテープをしっかりと巻きつけて応急手当をし、早めに指定水道工事店に修理をお申込みください。

水道が凍って出ないときは

タオルをかぶせ、その上からゆっくりとぬるま湯をかけてとかします。熱湯はかけないでください。ひび等がはいる原因になります。

防寒のしかた

  1. 保温材を巻きます。じゃ口は破れつしやすいので、上まで完全に包んでください。
  2. 手近かなものとして毛布、布などがあります。その上からビニールなどを巻いて保温材がぬれないようにしましょう。
  3. メーターボックスの中に使い古しの毛布や布切れなどを入れ、メーターボックスの上にダンボールなどをのせて保温してください。

水道の防寒のしかたイメージ図

お問い合わせ

生活産業課
水道係
電話:0555-62-9974