自然公園法について

2016年12月6日

本村は昭和11年に富士箱根伊豆国立公園として指定され、昭和50年には梨ヶ原地区が追加されました。平成8年7月16日には公園区域(地種区分)が決定され、それぞれの土地の状況に応じて様々な規制が設けられています。

建築物、工作物の新築・改築・増築行為、木竹の伐採、看板・標識等の設置、屋根・壁面等の色彩変更、土地の形状変更、太陽光パネルの設置などを行う場合については、場所・規模等により、自然公園法の規制を受けますので、事業を行う前に地種区分等をあらかじめ下記までお問い合わせ下さい。

また、イベント等において仮設の工作物等を設置する場合についても、許可申請や届出が必要になる場合がありますので、ご確認ください。

自然公園法による建築物の取り扱い概要

自然公園法による建築物の取り扱い概要ページをご確認ください。

保護規制図(地域区分)についてはこちら

富士箱根伊豆国立公園保護規制図ページをご確認ください。

自然公園法に関するお問い合わせ

詳しくは企画まちづくり課までお問い合わせください。

富士五湖自然保護官事務所 TEL:0555-72-0353
山梨県森林環境部森づくり推進課 TEL:0554-45-7884
山中湖村役場企画まちづくり課 TEL:0555-62-9971

木のイラスト

法啓発フライヤー(富士吉田市・山中湖村・忍野村).pdf(1.5MBytes)

お問い合わせ

企画まちづくり課
電話:0555-62-9971