インフルエンザ予防接種費用の助成について

2018年10月1日

平成30年度インフルエンザ予防接種費用の助成について

<接種対象期間>平成30101日~平成31228(期間を過ぎると全額自己負担となります)

        インフルエンザが流行する前の12月中旬ごろまでに接種をすることをお勧めします。

 

 

年齢

接種回数

指定医療機関

接種方法

助成額

12歳までの

子ども

2

山中湖村・富士吉田・富士河口湖等近隣医療機関

(上記以外の医療機関で接種する場合は右記の助成方法と異なりますのでお問い合わせください)

1.医療機関窓口に置いてある「公費負担予診票」(白色)で接種してください。

2.母子健康手帳を持参してください。

3.費用の差額分をお支払いください。

1回目2,500

2回目1,500(原則13歳未満、13歳以上は医師が必要と認める者のみ)

窓口で差額分をお支払いください。

13歳~15

(中学13)

1

1.医療機関窓口に置いてある「公費負担予診票」(白色)で接種してください。

2.費用の差額分をお支払いください。

16歳~18

(高校13)

1

1.医療機関窓口においてある「公費負担予診票」(白色)で接種してください。

2.費用の差額分をお支払いください。

1回目のみ2,500円の助成があります。

 

19歳~64歳の方は、償還払い(医療機関窓口で一度全額を支払、後日申請に基づき補助分を返還)となります

※平野診療所で接種する場合は窓口での助成が受けられますので役場での申請は不要です。

※助成金申請の締め切りは、

平成31329()必着です。

19歳~64

1

予防接種を実施している医療機関であればどこでも可能

1.費用の全額を窓口でお支払いください。

助成金の申請手続きは、領収書(原本)、予防接種済証、振込口座の分かる物印鑑を持参し、いきいき健康課窓口に申請してください。

65歳以上

1

山梨県内の医療機関(御殿場市など近隣で接種可能医療機関もあります)

1.いきいき健康課から送付する「インフルエンザ予診票」(水色)で接種してください。

2.費用の差額分をお支払いください。

※注:定期接種として実施する場合は65歳の誕生日以降に接種してください。誕生日前に接種希望の方は助成方法が異なりますので、いきいき健康課までお問い合わせください。

※年齢は、平成313月末時点での年齢です。

※料金については、医療機関に直接お問い合わせください。

 

 

 19歳から64歳までの方については、村外の医療機関で接種した場合は、助成金申請手続きができます

<助成費用> 一人1回のみ2,500円

<申請期間> 平成30年10月1日から平成31年3月29日(金)まで (平野診療所で接種した方については、窓口ですでに助成されていますので手続きは不要です。)

<手続き方法>・領収書(原本)・予防接種済証・銀行口座のわかる物・認印(シャチハタ可)を持参し、いきいき健康課窓口で申請してください。
           助成費用は翌月に申請にて記載された銀行口座に振り込みます。

<申請書>  平成30年度インフル支給申請書(29.5KBytes)(申請書は窓口にもあります。該当年齢の方であれば、家族分まとめて申請することもできます。)