三浦環 墳墓

2017年8月25日
指定文化財名  三浦環 墳墓 三浦環墳墓
場所  山中湖村平野147 寿徳寺境内
指定の種類  県指定有形文化財
指定年月日  平成25年4月23日

世界的オペラ歌手三浦環は昭和19年に山中湖村平野に母と共に疎開した。昭和20年に母他界。

その際檀家総代と村役場の計らいで寿徳寺境内に約一坪の個人墓地の造営が許された。

三浦環は昭和21年に亡くなるまでの晩年を山中湖村で過ごした。

その際母の傍らに密葬されることを遺言したため寿徳寺にて埋葬。

昭和37年に17回忌を迎え弟子の努力で資金が集められ墓碑が建立され、

昭和63年3月山中湖村教育委員会によって「歌姫三浦環を偲ぶ」の記念碑が墓碑の右手に建立されました。