東京2020オリンピック自転車競技ロードレースコース会場に山中湖村が決定!!

2018年8月9日

自転車競技ロードレースコース会場に決定

   東京2020組織委員会は、第32回オリンピック競技大会(2020/東京)における自転車競技のロードレース(男子/女子)のコースを、国際自転車競技連合(UCI)の承認を得て決定いたしました。

   武蔵野の森公園をスタート会場とし、東京都、神奈川県、山梨県(山中湖村・道志村)、静岡県内を通り富士スピードウェイでゴールします。

   コース総距離は男子約244km、女子約147km、獲得標高(※スタートからゴールまでの上った高さの合計)は男子約4,855m、女子約2,692mと過去最大となります。日本を象徴する富士山を臨みながら、起伏の激しい難易度の高いレース展開が期待されるコースとなりました。

   本コースの決定より、山中湖村は東京2020オリンピック競技大会の正式な大会会場となりました。また山梨県では史上初のオリンピック会場となります。

山中湖村長コメント

 「東京2020オリンピック自転車競技ロードレース」のコース会場として、山中湖村内のルートが正式に決定したことに対し、山中湖村民の皆様をはじめとして関係機関各位とともに、至高の感動と喜びを分かち合いたいと思います。

 本村がオリンピック会場となることは、歴史的に初めての重大な出来事でありますので、期待と希望、併せてその責任の重さを感じているところであります。

 日本を象徴する世界遺産「富士山」周辺の山紫水明の地で展開されるレースには、国内外の多くの方々が訪れてくださると思います。「おもてなし」の心を大切にした歓迎ができるよう環境を整えてまいります。

 準備期間は非常に短いですが、富士山にいちばん近い湖「山中湖」の素晴らしさを、世界中に発信できる絶好の機会であると捉えておりますので、関係機関や各種団体等と連携を図り、記憶に残る素晴らしい大会となるよう盛り上げていきたいと考えております。

お問い合わせ

観光課
オリンピック推進室
電話:0555-62-9977