山中湖村デザインノート

2019年2月6日

デザインノートとは地区の将来イメージをあらわしたものです

 デザインノートは、専門家を交えた山中湖村デザイン戦略会議の中で検討され、山中・平野・長池・旭日丘のそれぞれの地区の特徴を活かしたまちづくりに向けてつくられました。公共の整備計画(ハード)から、村民のみなさんの取り組み(ソフト)まで、村のまちづくりに関連するさまざまな情報をもとに、地区の将来像を一枚の絵で表しています。
 このデザインノートを見ながら、村民のみなさんと各地区や村全体の将来像を議論し、より良いものに更新していくことで、魅力ある村づくりにつなげていければと思っています。

各地区のデザインノート

山中地区

山中地区デザインノート.pdf(4.13MBytes)

長池地区

長池地区デザインノート.pdf(2.55MBytes)

旭日丘地区

旭日丘地区デザインノート.pdf(3.13MBytes)

平野地区

平野地区デザインノート.pdf(2.6MBytes) 
平野交差点は古くからの集落の中心でもあり、加えて観光客など村外から平野への来訪者が最初に降り立つ場所です。平野の空間づくりでは、住民から来訪者まで多様な人々にとって大事なこの場所を核とし、そこに「暮らし」や「自然」の風景と出会える空間をつくる、を基本方針としています。また、地区に点在する古民家や魅力的な小径などの景観資源を楽しんで回遊できるようなまちを、地区全体として目指す方針としています。
 この方針のもと平成30年8月に「ゆいの広場ひらり」がOPENしました。ひらりには、富士を背にバスを待つ来訪者や、お神輿やご神木祭などを催す地域のみなさんが共にある、活気ある平野の中心の風景が徐々に生まれ始めています。

◆デザインノートは各地区の施設に大サイズで掲示しています。
4地区:村役場
山 中:山中湖村公民館
長 池:長池コミュニティセンター
旭日丘:情報創造館
平 野:ゆいの広場ひらり

◆ぜひみなさんのご意見をお寄せください。

 

お問い合わせ

企画まちづくり課
電話:0555-62-9971