山梨県:東京2020オリンピック聖火リレーランナーを募集しています

2019年7月1日

 東京2020オリンピック聖火リレーは、2020年3月26日(木)に福島県を出発し、約1万人の聖火ランナーが全国を回ります。
 東京オリンピック・パラリンピック山梨県実行委員会(以下「山梨県実行委員会」といいます。)は、山梨県で走行する東京2020オリンピック聖火リレーの聖火ランナーを次のとおり募集します。
 山中湖村は、残念ながら聖火リレーの県内ルートには選ばれませんでしたが、オリンピック聖火ランナーにはなれるチャンスです!ぜひこの機会にご応募ください。

 応募は1回限りです。また、応募後の内容訂正や取消はできません。電子や郵送による応募申請の際に記載漏れがあった場合は、選考の対象となりませんので、よくご確認の上、ご応募願います。
 なお、第三者の推薦及び推薦理由についても必ず記載してください。


 募集期間   2019年7月1日(月曜日)~8月31日(土曜日)

 公募主体   山梨県実行委員会

 公募人数   40人

 応募方法   山梨県実行委員会ホームページの応募フォームに必要事項を記入し、応募してください。
             または所定の応募用紙に必要事項を記入し、次のあて先に郵送してください。
             ※募集要項及び応募用紙は山中湖村役場でも配布いたします。
          
            〒400-8501 山梨県甲府市丸の内1丁目6-1
            山梨県オリンピック・パラリンピック推進課内山梨県実行委員会 あて

 聖火ランナーの基本応募要件
 ・2008年4月1日以前に生まれた方とします。ただし、2020年3月1日(聖火リレー開始月の初日)時点で、18歳未満の方は保護者の同意が必要です。
 ・原則として、山梨県内の市町村にゆかりがある方(現時点又は過去に居住していたことがある、現時点で所属している職場や学校がある、家族や親戚が居住している、過去に活動したことがあるなど)とします。
 ・国籍・性別は問いません。
 ・自らの意思で火を安全に運ぶことができる方とします。ただし、介添えスタッフ(介添者)のサポートは必要に応じて可能です。
 ・政治的・宗教的メッセージを伝えることを目的とする方は、聖火ランナーになることはできません。
 ・公職選挙法に規定する公職にある方(国会議員、地方公共団体の議員・首長)、公職の候補者や候補者となろうとする方、政党や政治団体の党首及びこれに準ずる方は、聖火ランナーになることはできません。
 ・宗教家が、宗教上の実績で評価されて聖火ランナーになることはできません。

応募・選考の流れ

・選考方法
山梨県実行員会が、応募者の記載した事項に基づく選考を実施し、東京2020組織委員会に推薦し、東京2020組織委員会が当選者を決定します。
必要な記載事項以外の資料等は、選考の対象とはなりませんので、送付はご遠慮ください。
選考は、応募用紙に記載されている「ゆかりのある市町村」に基づいて県内市町村から各1名を選考するものと、年齢、性別、障がい、外国籍の区分に応じて選考するものの2回行います。

 

・当選発表
2019年12月以降、山梨県実行委員会より、当選の速報をご連絡します。その後、東京2020組織委員会から、当選者に対して、正式な当選通知をお送りさせて頂き、その通知をもって発表に代えさせていただきます。
詳しい走行場所は、2020年2月中旬以降、東京2020組織委員会から当選者にご連絡します。
なお、落選の場合には、特段連絡はございません。ただし、走行日の2週間前までに欠員が出た場合は、繰り上げ選出される場合があります。繰り上げ選出の際は、東京2020組織委員会から当選連絡をいたします。

応募サイト
 聖火リレーランナー応募サイト(山梨県実行委員会ホームページ)
 ※詳細については、聖火ランナー募集要項をご確認ください。 
 

聖火ランナー募集要項 File

聖火ランナー募集要項(英語版)File

聖火ランナー募集要項(点字用)File

 

 

 

※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、運営元までお問合せください。

 

 

お問い合わせ

オリンピック推進室
電話:0555-28-5355