○山中湖村嘱託員設置要綱

平成6年3月25日

訓令第3号

(目的)

第1条 この要綱は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項第3号に規定する特別職の非常勤の嘱託員(以下「嘱託員」という。)の設置、勤務条件等に関し必要な事項を定めることを目的とする。

2 山中湖村嘱託員の取扱いについては、法令等に別の定めがあるものを除くほか、この要綱の定めるところによる。

(任用)

第2条 嘱託員は、次の要件を備えている者のうちから、村長が選考の上任命する。

(1) 任用に係る職の職務の遂行に必要な知識及び技能を有していること。

(2) 健康で、かつ、意欲をもって職務を遂行するとみとめられること。

2 村長は、第1項の規定により任命するときは、嘱託員に発令通知書(別記様式)を交付する。

(雇用期間)

第3条 嘱託員の雇用期間は、1年以内とする。

2 村長は、次に掲げる要件を備えている嘱託員について、その任用期間を更新することができる。ただし、山中湖村職員の定年に関する条例(昭和59年山中湖村条例第2号)の適用を受ける職員(以下「正規職員」という。)の場合は、その雇用期間の更新を2回限りとする。

(1) 雇用期間内の勤務成績が良好であること。

(2) 前条第1項に該当すること。

3 前項ただし書きに規定する雇用期間の更新については、特に必要と認める場合は再度更新することができる。

(解職)

第4条 嘱託員が、次の各号の1に該当するときは、村長は、その職を解くことができる。

(1) 嘱託員が退職を願い出た場合

(2) 勤務成績が良くない場合

(3) 心身の故障のため、職務の遂行に支障があり、又はこれに堪えない場合

2 前項第2号及び第3号に該当する場合の解職は、嘱託員が業務上負傷し、又は疾病にかかり、療養する期間は行うことができない。

(服務)

第5条 嘱託員は、職務の遂行に当たっては、全力をあげてこれに専念しなければならない。

2 嘱託員は、職務の遂行に当たっては、法令及びこの要綱に定めるものを除くほか、上司の命令に忠実に従わなければならない。

3 嘱託員は、その職の信用を傷つけ、又は嘱託員の職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

4 嘱託員は、上司の許可があった場合を除くほか、職務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(勤務日及び勤務時間)

第6条 嘱託員の1週間の勤務日数及び勤務時間は、5日以内とし、かつ、30時間以内とする。ただし、特に必要と認めるものについてはこの限りでない。

(休日)

第7条 嘱託員は、次の各号に掲げる日には、特に勤務することを命ぜられる者を除き、前条に規定する勤務時間においても勤務することを要しない。

(1) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する日

(2) 12月29日から翌年の1月3日までの日(前項に該当する日を除く。)

(休暇等)

第8条 嘱託員の年次有給休暇は、雇用期間が6月以上1年未満の場合は3日、1年の場合は6日付与する。

2 第3条第2項の規定に基づき雇用が更新された場合において、前年度に付与した年次有給休暇の日数のうち、使用しなかった日数がある場合は、翌年に限り繰り越すことができる。

3 嘱託員が公民としての権利を行使し、又は公の職務を遂行するために必要な時間を請求した場合は、必要と認める範囲内で勤務を免除することができる。

(有給休暇)

第9条 嘱託員の有給休暇は、次のとおりとする。

休暇の種類

付与する期間

忌引

配偶者、1親等の直系尊属及び卑属 3日

傷病休暇

公務に起因する場合 雇用期間

特別休暇

村長が特に必要と認める場合 その都度必要と認める期間

(報酬、特別報酬及び費用弁償等)

第10条 嘱託員の報酬は、その者の職務内容及び勤務態様を考慮して具体的実情に応じて村長が定める。

2 村長は、勤務成績が良好な嘱託員に対し、6月及び12月に特別報酬を支給することができる。

3 特別報酬は、6月1日及び12月1日現在に在職する嘱託員に対し、次の在職期間に応じて定めた額とする。

在職期間

金額

6箇月

60,000円

5箇月以上6箇月未満

50,000円

4箇月以上5箇月未満

40,000円

3箇月以上4箇月未満

30,000円

2箇月以上3箇月未満

20,000円

1箇月以上2箇月未満

10,000円

4 正規の勤務時間外に勤務を命ぜられた嘱託員には、正規の勤務時間外に勤務した全時間に対して、勤務1時間につき第12条に規定する勤務1時間当たりの報酬額に100分の125(その勤務が午後10時から翌日の午前5時までの間である場合は、その割合に100分の25を加算した割合)乗じて得た額を時間外勤務手当として支給する。

5 嘱託員の通勤手当は、一般職の職員の例により算出した額を支給する。

6 嘱託員が公務のため出張したときは、一般職の職員の行政職給料表1級の職務にある者の例により算出した旅費の額を、費用弁償として支給する。

(報酬の減額)

第11条 嘱託員が村長の承認を得た場合を除くほか、定められた勤務時間中に勤務しないときは、その勤務しない時間1時間につき次条に定める1時間当たりの報酬額の減額を行う。

(勤務1時間当たりの報酬額)

第12条 嘱託員の勤務1時間当たりの報酬額は、一般職の職員の例により算出した額とする。

(支給方法)

第13条 第10条で規定する嘱託員の報酬等(費用弁償を除く。)は、その月に係る額を翌月の15日に支給する。ただし、その日が休日又は勤務を要しない日にあたるときは、その日前における最も近い勤務を要する日に支給する。

(公務災害等の補償)

第14条 嘱託員の公務上の災害又は通勤による災害に対する補償は、町村非常勤職員の公務災害補償等に関する条例(昭和63年組合条例第5号)に定めるところによる。

(健康診断)

第15条 嘱託員の健康診断は、正規職員に準じて実施する。

(被服)

第16条 嘱託員の職務遂行上必要な被服については、職務実態に応じて措置する。

(委任)

第17条 この要綱の定めるもののほか、必要な事項は村長が別に定める。

附 則

1 この訓令は、平成6年4月1日から施行する。

2 非常勤嘱託取扱規程(昭和51年山中湖村訓令第3号)は、廃止する。

附 則(平成28年訓令第20号)

この訓令は、公布の日から施行する。

画像

山中湖村嘱託員設置要綱

平成6年3月25日 訓令第3号

(平成28年8月22日施行)