○山中湖村廃棄物処理施設管理規程

平成3年12月24日

訓令第6号

(趣旨)

第1条 この規程は、関係法令その他別に定めるもののほか、山中湖村廃棄物処理施設(以下「処理施設」という。)の管理について必要な事項を定めるものとする。

(名称及び処理する廃棄物の種類)

第2条 処理施設の名称及び主として処理する廃棄物の種類は、次のとおりとする。

名称

主として処理する廃棄物の種類

山中湖村クリーンセンター

第1処理施設

可燃性ごみ、可燃性粗大ごみ、ペットボトル

第2処理施設(リサイクルプラザ)

不燃性ごみ、不燃性粗大ごみ、小型家電類

2 この処理施設で処理できる廃棄物の種類の内、廃棄物の処理及び清掃に関する法律第11条第2項に掲げる産業廃棄物品目の内、一般廃棄物処理事業に支障を来たすことがない範囲において、村が処理できる産業廃棄物を合わせて処理することができる。

(使用者)

第3条 処理施設の使用者(以下「使用者」という。)は、処理施設の使用について村長に届け出を行った者及び臨時使用者で許可を受けた者に限る。

2 前項の臨時使用者に対し、職員は身分及び排出された廃棄物の所在の確認を求めることができる。

3 使用者は、村処理区域以外の廃棄物及び村で処理しない廃棄物を搬入してはならない。

4 使用者は、処理施設内においては、適正な使用と職員の指示に従わなければならない。

(休業日)

第4条 処理施設の休業日は、山中湖村の休日を定める条例(平成元年山中湖村条例第5号)に定める日とおりとする。ただし、村長が処理施設作業上必要があると認めた場合は、この限りでない。

(受付時間)

第5条 使用者の受付時間は、午前9時から午前11時まで、午後1時から午後4時までとする。ただし、村長が処理施設作業上必要があると認めた場合は、この限りでない。

(業務時間外使用)

第6条 前2条で規定する休業日及び受付時間以外に処理施設を使用する者は、あらかじめ村長に届け出を行い許可を受けなければならない。

(損害賠償の義務)

第7条 一般使用者が施設を使用する際、施設建物及び施設をき損し、又は滅失したときは、その損害の賠償を村は請求することができる。

(所有権の帰属)

第8条 処理施設に受け入れた物、又は収集された物で再利用等により価値のあるものとして処理する廃棄物の所有権は、村に帰属する。

(遵守事項)

第9条 使用者は、処理施設内において、次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 処理施設内をみだりに汚したり、指定された場所以外にごみを置いてはならないこと。

(2) 所定の場所以外に出入りをしてはならないこと。

(3) 処理施設の機能及び処理作業に支障を及ぼすような行為をしてはならないこと。

(4) 処理施設構内の内火気使用禁止場所で火気を使用しないこと。

(5) その他村長の指示した事項に違反しないこと。

(委任)

第10条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は村長が別に定める。

附 則

1 この規程は、公布の日から施行する。

2 第3条第2項の規定にかかわらず、平成13年3月5日から同年4月20日まで間、勝山村、鳴沢村、足和田村及び上九一色村の各村内で発生する廃棄物を処理施設において処理するものとし、処理経費については、各村がそれぞれを負担するものとする。

附 則(平成4年訓令第5号)

この訓令は、平成4年9月1日から施行する。

附 則(平成11年訓令第2号)

この訓令は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成13年訓令第1号)

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年訓令第12号)

この規程は、平成15年1月1日から施行する。

附 則(平成28年訓令第13―4号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

山中湖村廃棄物処理施設管理規程

平成3年12月24日 訓令第6号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第2章 保健衛生
沿革情報
平成3年12月24日 訓令第6号
平成4年7月8日 訓令第5号
平成11年3月25日 訓令第2号
平成13年3月1日 訓令第1号
平成14年12月19日 訓令第12号
平成28年3月22日 訓令第13号の4