○山中湖文学の森公園条例

平成16年3月22日

条例第2号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、山中湖文学の森公園の設置及び管理について、必要な事項を定めるものとする。

(名称及び位置)

第2条 公園の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 山中湖文学の森公園

位置 山中湖村平野506番地の296

(施設の種類)

第3条 山中湖文学の森公園の施設は、次のとおりとする。

(1) 広場

(2) 散策路

(3) 池・せせらぎ

(4) その他公園として必要な施設

(行為の禁止)

第4条 山中湖文学の森公園(以下「公園」という。)を利用しようとする者は、公園内において次に掲げる行為をしてはならない。ただし、災害等緊急を要する事態においては、この限りでない。

(1) 公園施設を損傷し、又は汚損すること。

(2) 立木を伐採し、又は植物を採取すること。

(3) 土地の形質を変更すること。

(4) 鳥獣、昆虫類等を捕獲し、又は殺傷すること。

(5) はり紙若しくははり札をし、又は広告等を表示すること。

(6) 指定された場所以外の場所で、火気を使用すること。

(7) 立入禁止区域に立ち入ること。

(8) 指定された場所以外の場所へ、車両を乗り入れること。

(9) 公の秩序又は善良の風俗に反すること。

(行為の制限)

第5条 公園内において、次に掲げる行為をしようとするときは、あらかじめ日時、利用内容等の計画を示して、村長の許可を受けなければならない。

(1) 利用者が、独占的に特定の場所を使用すること。

(2) 物品の販売、募金その他これに類する行為をすること。

(3) 業として、写真又は映画を撮影すること。

(4) 興業を行うこと。

(5) 集会、展示会その他これらに類する催しを行うこと。

(6) 公園の植生を著しく変化させる恐れのある植物の持込み。

(許可の取消し及び利用の中止命令)

第6条 村長は、利用者がこの条例の規定に違反したとき、又は偽りその他不正な手段により、この条例の規定による許可を受けたときは、その許可を取り消し、又は利用の中止を命ずることができる。

(利用者の原状回復義務)

第7条 利用者が公園の利用を終えたとき、又は前条の規定により使用許可を取り消され、若しくは使用を中止されたときは、直ちに原状に回復しなければならない。

(利用の禁止又は制限)

第8条 村長は、公園の保全及び管理のため、必要があると認めるときは、その利用を禁止し、又は制限することができる。

(損害賠償)

第9条 利用者が故意又は過失によって、施設等を損傷し、又は滅失したときは、それによって生じた損害を賠償しなければならない。ただし、村長がやむを得ない理由があると認めるときは、損害額を減額し、又は免除することができる。

(委任)

第10条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

山中湖文学の森公園条例

平成16年3月22日 条例第2号

(平成16年3月22日施行)