○山中湖文学の森公園条例施行規則

平成16年3月22日

規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、山中湖文学の森公園条例(平成16年山中湖村条例第2号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(開園日)

第2条 山中湖文学の森公園(以下「公園」という。)は、年中無休とする。

(使用の申請及び許可)

第3条 条例第5条に規定する使用許可を受けようとする者は、次に定める期間に山中湖文学の森公園使用許可申請書(様式第1号)を村長に提出しなければならない。ただし、村長が特に必要と認める者については、この限りでない。

(1) 村民の団体が使用する場合 使用予定日前3月から3日まで

(2) 村民以外の団体が使用する場合 使用予定日前1月から3日まで

(3) 個人が使用する場合 使用予定日前10日から前日まで

2 前項に規定する団体等の基準は、次のとおりとする。

(1) 村民の団体 団体の構成員が4分の3以上村民であって、団体の所在地が村内にある団体をいう。

(2) 村民以外の団体 前号の村民の団体以外の団体をいう。

(3) 個人 5人以内の団体・グループ等をいう。

3 第1項の規定による使用許可申請書の提出があったときは、村長はその内容を審査し、適当と認めたときは山中湖文学の森公園使用許可書(様式第2号)を交付する。

4 条例第5条第2号に係る売店等の出店許可は、場所を指定して行うものとする。

(使用の許可制限)

第4条 条例第5条の規定による許可の範囲は、次のとおりとする。

物品の販売関係 条例第5条第4号及び第5号の場合のみ許可するものとする。

募金 社会福祉・環境保全等の募金活動の場合にのみ許可するものとする。

(使用の中止手続)

第5条 第3条の規定により使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)が公園の使用を中止しようとするときは、使用の前日までに村長に書面又は口頭により届け出なければならない。

(許可の取消し等)

第6条 村長は、使用者に対して条例第5条の規定による許可の取消し又は中止を命ずるときは、山中湖文学の森公園許可取消等通知書(様式第3号)により通知するものとする。ただし、使用の中止は、口頭によることができる。

2 条例第8条の規定による利用の禁止又は制限を行うときは、既に使用者がいる場合においては、前項に準じて処理するものとする。

(使用者の義務)

第7条 使用者は、条例及びこの規則の規定のほか、使用許可条件を厳守しなければならない。

(免責)

第8条 使用者が村の責めによらない事故のため身体的損傷等を受けた場合、村はその賠償の責めを負わない。

(補則)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像画像

画像

山中湖文学の森公園条例施行規則

平成16年3月22日 規則第2号

(平成16年3月22日施行)