○山中湖村グッドウィル・ガイド(善意通訳普及運動)規程

平成28年1月4日

訓令第1号

(目的)

第1条 この規程は、山中湖村を訪れた訪日外国人の方々とその方々を受け入れる側の者が双方に感じている言葉の通じない不安と意思疎通ができない不便さを解消し、訪日外国人旅行者が安心して訪れることのできる環境作りの一環として、言語障壁の緩和に向けた「善意通訳普及運動」の提唱及び推進を行うことを目的とする。

(組織)

第2条 前条の目的を達成するため、「山中湖村グッドウィル・ガイド善意通訳普及運動」(以下「Y・G・W・G」という。)を組織する。

(登録)

第3条 「Y・G・W・G」への登録は、山中湖村グッドウィル・ガイド(善意通訳普及運動)登録申込書(別記様式)に必要事項を記入の上、山中湖村観光課へ提出するものとする。

2 提出された申込書は、審査の上、登録するものとする。

(登録資格)

第4条 「Y・G・W・G」への登録資格を有する者は、次に掲げる者とする。

(1) 山中湖村に在住し、又は山中湖村に勤務している年齢18歳以上者で「Y・G・W・G」の趣旨を理解している者ただし、国籍は問わないものとする。

(2) 全ての外国語を対象とし、電話等でも簡単な道案内ができる程度の語学力を有する者

(個人情報の取扱い)

第5条 「Y・G・W・G」への登録者の個人情報については、名簿作成時に本人の確認を行い、公開項目を制限するものとする。

(通訳者証の発行)

第6条 「Y・G・W・G」への登録後、登録者に、善意通訳の意思表示として、善意通訳者登録証を発行するものとする。

(活動内容)

第7条 「Y・G・W・G」は、村内で、言葉が通じずに困っている訪日外国人又は受け入れ側の者に対し、語学力を活かして積極的に手助けするなどの、外国人旅行者の言葉の上での困難や不便解消を目指す、一人一人のボランティア精神の普及活動を行うものとする。

2 「Y・G・W・G」の活動は、善意通訳者の方々の善意による自発的な手助けを呼びかけるものとする。ただし、善意通訳者の意思により、電話等での応対も行うものとする。

3 前項ただし書の規定による活動中に生じた事故・トラブルについては、善意通訳者の自己責任とする。

(その他)

第8条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この規程は、平成28年1月25日から施行する。

画像

山中湖村グッドウィル・ガイド(善意通訳普及運動)規程

平成28年1月4日 訓令第1号

(平成28年1月25日施行)