富士山火山防災対策について

2019年12月24日

富士山の災害に備えましょう!

富士山は、今から約300年前に噴火した後、現在まで静かな状態が続いています。しかし、地下深くでは今もマグマが活動を続けている活火山です。
そのため万が一噴火しそうになったり噴火が始まったりしたときに備えて、皆さんがみずからの安全を確保するためにどのような知識を学び、どのような行動をすればよいかを知り災害に備えましょう。

詳しくは、次のチラシをご覧ください。
富士山火山災害に備える(裏表).pdf(347KBytes)
富士山火山災害に備える(内面).pdf(617KBytes)

富士山火山防災協議会について(富士北麓地域7市町村で構成)

富士山ハザードマップは、こちらからご覧いただけます。

富士山火山防災避難マップ(山中湖村).pdf(6.27MBytes)
http://www.city.fujiyoshida.yamanashi.jp/forms/info/info.aspx?info_id=1638 (富士山火山防災協議会)


富士山火山防災対策協議会のご案内

http://www.pref.yamanashi.jp/bousai/fujisankazanbousai.html

 

山中湖村富士山火山避難計画

 

本計画は「富士山火山防災対策協議会」(平成24年に山梨・静岡・神奈川各県、周辺市町村ほか58機関で設立)が平成27年に策定した「富士山火山広域避難計画」に基づき、村として必要な事項を具体化したものであり、「山中湖村地域防災計画」の富士山火山編の避難に関する事項を補足するものです。内容的には、火口が特定できず大規模な噴火が発生すると見込まれる場合、または発生した場合の富士山北麓地域から遠方に避難する「広域避難」と中小規模の噴火や火山活動が静穏化しつつある場合の近隣自治体及び村内に避難する「地域内避難」について定めています。
山中湖村富士山火山避難計画H28.3pdf.pdf(5.64MBytes)

 

関連ワード

お問い合わせ

総務課
防災係
電話:0555-62-1111