山中湖村クリーンセンター公金着服に関する調査委員会の報告について

2019年8月16日

令和元年7月22日、本村クリーンセンターに勤務している男性職員による公金を着服した事実が判明しました。 

同日、庁内の調査委員会を設置し、調査を進めておりましたが、8月8日付で報告書の提出がありました。

概要は、添付ファイル「山中湖村クリーンセンターの公金着服に関する調査委員会報告書(抜粋版)」のとおりですが、損害額が1千万円以上になることが判明しました。

 

もともと、あってはならない重大な問題でありますが、金額の大きさに衝撃を受けております。

村民の皆様には、改めて心から深くお詫び申し上げます。

関係職員は、すでに処分を行いましたが、損害額の回収は何よりも優先されるものと捉えております。

また、すでに一部改善を行っておりますが、報告書をもとに、早急に再発防止策の徹底を図り、村民の皆様の信頼回復に全力で取り組みます。

度重なる不祥事により、弁明の余地はありませんが、本当に組織としての出直しを図る必要性を強く感じており、そのために不退転の覚悟で臨む所存です。

この度は、誠に申し訳ありませんでした。

 
山中湖村クリーンセンターの公金着服に関する調査委員会報告書(抜粋版).pdf(433KBytes)

 



 

 

 

 

 

 

 

 

関連ワード