メインコンテンツ
2020年11月26日 更新 印刷用ページ印刷用ページを開く
山梨県における緊急事態措置について(令和2年4月から12月)

 県民、都民の皆様に秋・冬の観光を安心して楽しんでいただくための、関東地方知事会1都9県による共同メッセージを発表しました。
 関東地方知事会共同メッセージ
 新型コロナウイルスの感染拡大防止については、これまで、国における緊急事態宣言の対象区域として緊急事態措置を講じ、その後も、県内において感染が確認されたことなどから、11月30日まで、外出自粛要請、休業要請などの協力をお願いして参りました。
 近隣都県では未だ新規感染者が高い水準で推移しており、本件でも感染が拡大していることから、これまで以上に警戒が必要です。
 このため、引き続き、感染拡大防止を図るため、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づき、12月1日から令和3年2月28日までの間、次に掲げる感染拡大防止対策への協力を要請します。
 なお、今回の協力要請の期間や内容については、今後の感染状況等により変更する場合があります。
 感染の拡大防止に向け、全ての県民の皆様、全ての施設・事業者等の皆様に、特段の御理解、御協力を賜りますようお願いいたします。

令和2年5月28日
(令和2年6月16日改訂)
(令和2年7月8日改訂)
(令和2年7月29日改訂)
(令和2年8月27日改訂)
(令和2年9月29日改訂)
(令和2年11月26日改訂)
下線が11月26日改訂箇所
山梨県知事 長崎 幸太郎

◇ 山梨県における緊急事態措置について(5月7日から5月31日)
政府による緊急事態宣言が延長されたことを受け、山梨県では「新型インフルエンザ等対策特別措置法」に基づき、人混みや「3密」のある場所への外出、
県境をまたいだ移動の自粛や日常生活を営むに当たり、
身体的距離の確保、マスクの着用、手荒いなどの基本的な感染対策を徹底など「新たな緊急事態措置」を講ずることが、山梨県知事より要請されました。 

新型コロナウイルス感染拡大防止のための山梨県における緊急事態措置
・新型インフルエンザ等対策特別措置法第45条第1項に基づき、医療機関への通院、食料等生活必需品の買い出し又は職場への通勤などの生活の維持に必要な場合を除き、原則として外出しないことを要請します。
ただし、散歩、ジョギングやウォーキングなど人との接触のない屋外でのスポーツ、農作業など人混みを避けた屋外での作業は制限しません。
また、大型連休期間を含め、不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたいだ移動を自粛することを要請します。

・令和2年4月23日開催の「知事と富士北麓7市町村とのテレビ会議」での意見交換を踏まえ、県外のみなさまに、以下のとおり要請することを共同で宣言します。

本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
総務課 総務係
説明:秘書・総務・選挙・文書・職員の人事・研修・給与・監査・固定資産評価審査委員会・公平委員会
住所:401-0595 山梨県南都留郡山中湖村山中237-1
TEL:0555-62-1111
FAX:0555-62-3088